横須賀市議会,市議会議員|環境整備,高齢化社会の福祉対策,教育問題の子育て環境の改善,政治の浄化|横須賀市議会議員:加藤眞道

横須賀市議会議員加藤眞道

市政報告


キーワード:
100件の情報項目より86-90件を表示しております
  086:  22年度議会に役職者決定
 5月11日(火)平成22年度の議会内役職者が決定しましたのでお知らせいたします。

議    長            山下薫    議員(留任)
副 議 長           板橋衛    議員
広域水道企業団議会議員  若山豊    議員
競輪組合議会議員      伊東雅之 議員
後期高齢者医療連合議員  嶋田晃  議員

議会運営委員会委員長    伊東雅之 議員
総務常任委員会委員長    青木秀介 議員
民生常任委員会委員長    岩沢章夫 議員
教育経済常任委員会委員長 角井基    議員
建設常任委員会委員長    加藤眞道 

  087:  21年度児童虐待相談件数  22年4月


平成21年度横須賀市児童相談所の相談受付状況の中で社会的問題になっている児童虐待についてお知らせいたします。

(内容別件数)
身体的虐待 ネグレクト 心理的虐待 性的虐待 合計
48件 122件 100件 4件 274件
(学齢別件数)
乳児 幼児 小学生 中学生 卒業以上 合計
21件 108件 106件 23件 16件 274件
(経路別件数)
家族親族 近隣知人 警察 学校 その他 合計
73件 45件 45件 39件 72件 274件

21年度の相談件数は274件と前年に比べ30件減ってはいますが分かっているだけでも274件あります。内容別で見ますと「ネグレクト」は減っていますが心理的虐待は増えている状況です。虐待に特効薬はありません。行政としても1つの家庭に深く入ってい行く事には限界があると思いますが、防止するために相談窓口の充実はしっかりして行かなければなりません。特に「愛らんど」の充実は防止の為に1つの手段だと思います。赤ちゃんを連れてゆっくりくつろげるフリースペースでお友達作りや、子育て情報交換などに利用でき、子育てアドバイザーに育児についての悩みや不安、疑問に思った事も相談できる施設です。これらの活用により大切な子供の命を守っていかなければなりません。

  088:  横須賀の工業統計 22年4月
 平成20年の横須賀の工業統計調査の結果が出ましたのでお知らせいたします。

 市内の製造業事業所(従業者4人以上) 
事業者数・・・・・・    311事業所・・・・・・   前年比   1事業所増加
従業者数・・・・・・  14,626人・・・・      前年比 824人減少
製造品出荷額・・・・ 8,878億5,375万円・・  前年比 366億411万円減少

産業別で見た場合 事業所数が多いのは「輸送機」(19.6%)次に「食料」(16.4%)
             従業者数が多いのは「輸送機」(41.0%)次に「食料」(13.5%)
             出荷額が多いのは「輸送機」(70.9%)次に「生産用機器」(4.7%)
最後に地区別では追浜地区が6,967億9,605万円で全体の78.5%を占めています。

  089:  横須賀火力発電所  22年4月1日
 久里浜にある東京電力横須賀火力発電所が長期計画停止する事になりました。
横須賀火力発電所は1~8号機とガスタービン2機がありましたが、今回の発表により全機停止する事になりました。
 停止理由としては電力需要の低迷と柏崎刈羽原子力発電所の復旧により安定供給に目途が立ったためによるものです。 

  090:  委員会報告(教育委経済常任委員会)22年3月17日
3月17日(水)教育経済常任委員会が開かれ、委員会に付託されている平成22年度一般会計予算を含む4議案の採決が行われ4議案とも賛成多数で承認されました。
この中で、経済部が来年度採用する「集客特命担当」について、各委員から質問が出ました。特命担当はその名の通り、集客を専門とする職員で22年度に3年を目途とした任期付き職員として採用されますが、採用にあたっては一般公募では無く、選考式で市長の推薦による人物との事。
 この決め方について各委員は問題有と指摘し、担当の経済部も答弁に苦慮していました。市長が推薦する人物に対し、部下が自分の判断に基づいて意見を言えるのかと質問が相次ぎましたが、しっかりと能力判断をし決めると経済部の答弁。決め方についての云々はありますが、要は結果を出せば良い事であってもし結果が出せなければ、任命責任で市長が責められるだけの事である。集客は市長も重要課題としており、その特命担当者は相当プレッシャーがかかると思うが、そこはしっかりと任務遂行を願う。
 また、同委員化では陳情2件を採決し、2件とも趣旨を了承し1件については県・県教育委員会に意見書を提出しました。

意見書は「栄養教諭の配置促進を求める意見書」です。
 栄養教諭は、児童生徒の食生活の乱れが深刻化する中で、望ましい食習慣を身につけることができるよう、食に関する指導、学校における食育の推進に中核的な役割を担う教員です。職務は給食の献立作成や衛生面の管理などに加え、授業による望ましい食習慣の指導や肥満、偏食等の子どもたちへ個別指導等を行う事が規定されています。現在市内には1名の栄養教諭が配置されていますが、学校における食育推進を図る上で大変重要な役割を果たす職であると考えています。栄養教諭の資格者は既に22名おり、県・県教育委員会の任命により幅広配置ができるようにはなっています。

横須賀市議会議員 加藤 まさみち 

〒 237-0066神奈川県横須賀市湘南鷹取4-8-4

TEL 046-865-0838 FAX 046-865-0838