横須賀市議会,市議会議員|環境整備,高齢化社会の福祉対策,教育問題の子育て環境の改善,政治の浄化|横須賀市議会議員:加藤眞道

横須賀市議会議員加藤眞道


通年議会

2017年5月23日
5月22日(月)通年議会になって、初めて定例会以外での委員会が開催されました。 本市議会はこれまで年4定例会制を実施していましたが29年度より通年議会制に変更しました。 今般一部新聞報道されましたが、市立学校に埋設した除染土砂の放射能度測定結果で1校が基準値レベル以上の値が検出された事について、緊急に委員会を開催するべきと常任委員会の委員全員から発議があり委員長として委員会を開催いたしました。 始めに申し上げますが、放射能度が基準値レベルが検出されましたが、空間線量は安全性に問題があるレベルではなく、現在ビニール袋2重にし、防水シートで包み埋設しています。 今回緊急に委員会を開催することになりその中で明らかになった事は、議会に対しての報告が1か月以上もかかった事です。除染土砂の測定結果は4月4日に業者から教育委員会に報告がなされ、その後議会ではなく、当該関係町内会会長に説明を実施していました。町内会長に説明していれば、説明を受けた町内会長が地元議員に話をすることは当然考えられます。その時に地元議員が知らされていないとなれば、それは問題である。軽微なことならそれもあるが、今回の件は議会でも大きく取り上げ除染土砂に関しては議会からの意見で下町浄化センターに移設することが決定している経緯がある。この事を考えれば、一般市民より先に報告があってしかるべきでは無いだろうか。実際に報告がされたのは5月11日である。委員会中で報告が遅いことについて質疑がされましたが委員の全員が納得いく事のできない答弁で終始し今後の課題となりました。

続きを読む...

市長名刺問題その2

2017年5月10日
5月10日(水)、3月に続きまたまた緊急質問という形で3名委員が市長に質問を行った。内容は前回も取り上げられた「割引サービス付き名刺」についてと、北朝鮮による弾道ミサイル発射関連であります。  前回の質疑で明らかになった事は、市長「自ら」割引サービス付き名刺を作成し配布に当たって市選挙管理委員会事務局に対し、「自ら」公職選挙法に抵触するか確認をし、市選挙管理委員会事務局は市長に対し「公職選挙法に抵触するので使用は控えて欲しい」と面談し回答した。しかし市長は市選挙管理委員会が忠告したにもかかわらず、それを無視し配り続けていたことが明らかにされた。その後、情報公開請求で新しい事実が発覚した。  市選挙管理委員会が使用を控えて欲しいとの忠告に対し市長は「注意されるまでやりたい」と発言し配り続けた事であります。驚きの発言である。  私も含めて多くの議員は「公職選挙法」を熟知しているわけではないと思う。であるからこそ、法に触れるか触れないかの判断をしてもらうための相談窓口として市選挙管理委員会を活用している。当然そこで「法に触れる“恐れ”がある」と判断されればやらないのが普通であります。一般的には「恐れ≒違法」と考えるが、市長は「恐れ≠違法」という考えである。簡単に言えばグレーは黒ではないので白と同じという事です。こういう考えの方が市長で良いのであろうか。そういう思いの中、3月に続き市長に対して辞職勧告決議が提出され可決されました。 (辞職勧告決議が可決されても法的拘束力はありません)

続きを読む...


横須賀市議会議員 加藤 まさみち 
〒 237-0066神奈川県横須賀市湘南鷹取4-8-4
TEL 046-865-0838 FAX 046-865-0838 E-mail masamichi-katou@yokosuka-city-council.jp