横須賀市議会,市議会議員|環境整備,高齢化社会の福祉対策,教育問題の子育て環境の改善,政治の浄化|横須賀市議会議員:加藤眞道

横須賀市議会議員加藤眞道


恒例の船越フェスティバル開催!

2016年11月13日
恒例の船越フェスティバル開催!111月13日(日)素晴らしい天候の下、船越神社境内で恒例の「船越フェスティバル」が開催されました。 このフェスティバルは「船越有志の会」が主催して今年で14回目になります。  船越全町内会と、小学校、田浦警察署、北消防署、そして横浜ベイスターズが参加し、まさに地域全員参加型のイベントで毎年盛り上がっています。(ちなみに行政からの補助は受けていません)  私はこの会の「庶務係」(雑用係?)として所属しており、フェスティバルでは「おもち」の販売員として参加しました。今年も各町内会ブースは、焼きそば、おでん、焼き鳥、カレー、エビ焼き、ホットドック等、様々な飲食物を販売していましたが、天気が良かったせいか来場者も多く全て完売しました。  このフェスティバルは販売のほか、警察、消防の防犯・防火の啓発活動や、横浜ベイスターズの選手のサイン会が行われます。このサイン会は「縁起が良い」と言われています。  このサイン会に参加した選手は次年度活躍すると言われているからです。あの、村田選手や筒香選手も活躍する前にこのサイン会にきており、翌年度から活躍しています。  何と言っても、今年活躍した「桑原選手」「宮崎選手」も昨年サイン会に参加してくれました。今回参加した選手は「柿田選手」「綾部選手」です。来年の活躍が楽しみですが、この「縁起が良い」を言い続けたられるように頑張っていただきたい。

続きを読む...

タットン会に参加!

2016年11月12日
タットン会に参加!111月12日(土)、「タットン会」に「膝会」の仲間たちと参加しました。 「タットン会」とは、「学校や地域でのスポーツ活動参加はなかなか難しく、 障がいがある方にもスポーツの場を!」を合言葉に、生涯のある方でも参加できる、卓球とバトミントンを一緒に楽しむ会で、「タットン」の名前は、ここからきています。  今回は、バトミントンを選択し参加しました。選択を誤りました・・・・・ 日頃の運動不足のせいか、チャレンジャーの方に右に、左に前、後ろとシャトルを振られ、ついていくのがやっとでした。ラリーを続けようと自分なりに頑張りましたが、途中息切れ・・・。参りました。  約2時間弱の活動でしたが、参加されたチャレンジャーの方、そして学生ボランティアの方、皆さんが笑顔で楽しんでいました。月1回の活動ですが、足を引っ張らないように参加したいと思います。 *写真は通称「パラシュート」。みんなで楽しみました。

続きを読む...

スポーツ行政、所管移管!

2016年11月8日
11月7日(月)、横須賀市総合教育会議でスポーツに関する事務所管を、現在の教育委員会から市長部局に移管することが決定しました。  これは、以前から横須賀市のスポーツをより発展させるためには現状の教育委員会から市長部局に移管すべきと言い続けてきた結果です。 私は以前から、スポーツを考えた場合、市長部局の産業振興や地域活性化といった視点と、教育委員会の個人の学習意欲の促進といった視点では、目指すところが異なっている。このような観点から、教育委員会は、学校保健体育に集中させ、社会スポーツ、生涯スポーツ、健康スポーツ関連は市長部局の方が良いのでと、市長に対し指摘していました。 スポーツに対する関心も高まり、市民生活にスポーツが融合し、地域においてもスポーツに関する取り組みが活発化しているという状況があります。 健康促進とスポーツの連携は、スポーツ施策の一層の充実、また教育施策の範疇にとどまらず、さらなる地域の活動の促進を考えれば市民部との連携。高齢者の活躍の場つくりとして、福祉部。地域振興を考えれば経済部。そしてスポーツを通しての国際交流を考えれば政策推進部。このように市長部局における広範な施策との連携を強化し、全市的な観点から施策を展開することでさらに広まるものと考えます。このような観点から、スポーツ課は市長部局の方が効率的にそして効果的に展開できると考えていました。1度は市長にこの思いを退けられましたが、今回「やっと」この思いが実現したことは喜ばしいことです。今後横須賀のスポーツが発展することを強く望みます。

続きを読む...


横須賀市議会議員 加藤 まさみち 
〒 237-0066神奈川県横須賀市湘南鷹取4-8-4
TEL 046-865-0838 FAX 046-865-0838 E-mail masamichi-katou@yokosuka-city-council.jp