横須賀市議会,市議会議員|環境整備,高齢化社会の福祉対策,教育問題の子育て環境の改善,政治の浄化|横須賀市議会議員:加藤眞道

横須賀市議会議員加藤眞道


「その痛みは突然に」

2015年12月18日
 12月18日(金)、「その痛みは突然に」。 日付が変わり18日の深夜0時を過ぎたころ、突然腰背部に激痛がはしりました。 なんとなく腰とお腹が痛くなり始め、トイレに行くも特に下痢でもない。 そうこうしているうちに段々と腰背部の痛みが激しくなり、「のた打ち回る」状態。 あまりの痛みに嘔吐。20~30分の激痛に耐え一息ついていると再度激痛が・・・・ この痛みに身に覚えが・・・・。15~16年前にも同じ症状があったことを思い出し、自己診断で「尿管結石」と診断。 そうなると特に緊急を要する傷病でもないと思いつつも激痛に耐えきれず、病院にいく事を決断。緊急でないため救急車の手配は行わず、救急を行っている南共済病院に電話し、症状を伝え受け入れ可能かを確認後自家用車で病院に行きました。  看護師さんに、よく自己診断が出来たことを揉められつつも診察の間に再再度、激痛に見舞われじっとしていられない状況。看護師さんのやさしい言葉もこの痛みの前では効き目なく、痛み止めの座薬で対応。痛みがなくなりやっとCT,エコーなどの検査を実施。検査後はいつの間にかあの激痛は収まり冷静に検査結果を聞くことが出来ました。  すべてが終わり病院を出たのは4時過ぎ。 救急外来で働かれている医師・看護師の方々に感謝。

続きを読む...

空母「ロナルド・レーガン」乗艦!

2015年12月17日
空母「ロナルド・レーガン」乗艦!1 12月17日(木)、空母「ロナルド・レーガン」に乗艦しました。 今回は、横須賀市議会防衛議員連盟の仲間達と共に乗艦しました。 デッキをあがるとすぐに、元アメリカ大統領、空母の名前にもなっている「ロナルド・レーガン」が出迎えてくれました。今回ビックリしたのは船の中に「ロナルド・レーガン」元大統領の歴史資料館が存在したことです。俳優時代の写真から現役大統領時代の写真など展示されていて、日本では考えられないものがあったことにビックリしました。

続きを読む...

問責決議!

2015年12月15日
12月15日(火)第4回定例会が終了しました。最終日、市長に対する問責決議が上程され賛成多数で採決されました。  今回の問責の件はごくごく単純な本会議場での一般質問に対する答弁に端を発しています。横須賀製鉄所創設150周年記念事業の一環として行った帆船日本丸招致事業で、久里浜港に決定した経緯についての質問で有ります。質問の趣旨は「浦賀で建造された日本丸が何故浦賀に里帰り寄港するのではなく久里浜になったのか」です。浦賀の住民の方々からの疑問を議員が受け止め質問をしたところ、久里浜港に決定したのは「日本丸側の希望」との市長答弁でした。これを聞いて誰もが、それだったら仕方がないと思ったことでしょう。私もそう思いました。しかし、事実は異なっていました。  事実は横須賀市側から日本丸に対し、久里浜港寄港を書面にて要望していたことです。こうなると、議会での答弁は何だったのか、「虚偽答弁」という事になるのは当たり前で、その後複数の議員が質問をしましたが、市長以下全員が誤解していた、勘違いしていたとの答弁で、答弁訂正も謝罪もなされませんでした。  議会は市民からの意見、要望を把握して市民に変わって市長に質問をしています。その議会で「虚偽」がなされてしまっては、信頼の中で行われている議論が出来なくなるのではないかと危惧されるところです。これは看過できないのは当然ではないでしょうか。  行政と議会は信頼関係の基に市政運営をしていかなければなりません。

続きを読む...


横須賀市議会議員 加藤 まさみち 
〒 237-0066神奈川県横須賀市湘南鷹取4-8-4
TEL 046-865-0838 FAX 046-865-0838 E-mail masamichi-katou@yokosuka-city-council.jp