横須賀市議会,市議会議員|環境整備,高齢化社会の福祉対策,教育問題の子育て環境の改善,政治の浄化|横須賀市議会議員:加藤眞道

横須賀市議会議員加藤眞道


健康スポーツ大会!

2014年6月29日
 6月29日(日)、毎年恒例の地域での健康スポーツ大会に参加しました。 前日からの雨の影響でグランドが使えず体育館での開催になってしまいましたが、多くの方々が参加され楽しいひと時を過ごすことができました。  体力測定では、頭で思っているほど体が動かず、自分の体力低下に驚きました。上体起し(腹筋)では、まさにこんなはずじゃない!と疑うほど体が動かず 20秒間に25回しかできませんでした。ショック!  多くの人の前でやる分、ちょっと力を入れすぎ明日の筋肉痛が怖いです。 でも、まだまだ平均より上で年齢別評価ではなんとかAランクをもらいました。  *体育振興会の方々に感謝します。

続きを読む...

追浜プレミアム商品券発売!

2014年6月28日
追浜プレミアム商品券発売!1 6月28日(土)、追浜プレミアム商品券が発売されました。 地域の活性化を図るために市内6地区で同じような商品券を発売いたします。 その中の1つである、追浜プレミアム商品券は6月28日~30日の16時まで追浜駅前サンビーチ入口で発売しています。(発行枚数限定なので売切れ次第終了)  1シート(500円券×11枚)5,000円で3,000シート販売いたします。 追浜駅周辺約100店舗の協力を得て販売しますので、是非ご購入下さい。

続きを読む...

MS研究会、例会

2014年6月26日
 6月26日(木)異業種交流会であるMS研究会の例会に出席しました。 今回の講師は横浜市立国際総合学科学術院教授の影山摩子弥(まこや)さんでした。「つながり」の経営で時代をつかむ ~オープンイノベーションのすすめ~ というテーマで講演を聞きました。  その中で印象に残ったのは、障がい者雇用で生産性UPの事例でした。 県内でお弁当を販売している社員数60名の会社。社内派閥があり、職場の雰囲気は悪い。そのような状況の中、障がい者を雇用したところ、職場の雰囲気が改善、派閥も解消し売り上げもUP,連続黒字を続け過去最高益を達成し店舗を増やしたとの事でした。  普通の考えだと、障がい者は健常者に比べ生産性は落ちると思うのは当然だと思う。今回の事例を通して、障がい者雇用でどんな効果が出たというと、 1、従業員が互いにやさしく接するようになる・・・・接客態度が良くなる 2、障がい者が働きやすい環境つくり・・・従業員全員が働きやすい環境になる 3、分かりやすく伝える・・・・コミュニケーションの向上、みんなの発注ミスが無くなる 4、仕事ができるように教える・・・人材育成能力が向上 今回の事例は、「なるほど」と非常に勉強になりました。障がい者雇用のマイナスイメージをこれらの事例を基に払拭していきたいと思います。

続きを読む...

頑張れ!関東六浦野球部

2014年6月22日
頑張れ!関東六浦野球部1 6月21日(土)、母校関東六浦野球部の激励会に行きました。 来る、夏の甲子園予選で優勝!? を目指し選手たちを激励するために OB会が主催し会を開きました。  今年もくじ運が良く、ホームグランドでもある横須賀スタジアムでの試合になります。  7月14日(月)13:30試合です。 まずは1勝を! 頑張れ関東六浦!

続きを読む...

市内ゆかりの製品優先購入

2014年6月19日
 6月18日(水)、総務常任委員会で話題となった「市内ゆかりの製品」優先購入。市内ゆかりの製品とは、市内に事業所を置く5社(日産自動車、岡村製作所等)の製品の事で、市が物品を購入する際はこの業者の製品を優先的に購入するとしたものです。  この考え方は間違ってはいないが、問題なのは価格の事である。同等品の価格より1割高くても優先して購入すると表明したことは異論が出て当然の事ではないか。優先購入するにも、やはり価格的な事を考慮しなければ継続してできる事業ではなくなる可能性は高い。  今回の報道で「高い」という印象を持たれた企業はいい迷惑だろう。 市内企業を助けるはずの事業が逆に足を引っ張るようなことのなったら本末転倒である。  また、市内業者優先購入に関して、勘違いもあるようだ。現在、事務用品を購入する形態として「アスクル」などがあるが、この「アスクル」などを利用すると市内業者から購入にならないと勘違いがあるようだ。簡単に言うとアスクルはメーカーで必ずその商品を扱う代理店がある。アスクルを利用する場合、どこの代理店を経由しているかの問題であり、市内業者が代理店ならば問題はないのではないか。  今後も、この事業は議論を呼びそうである。   

続きを読む...

サイクリングパンフレット

2014年6月19日
 6月18日(水)、総務常任委員会で取り上げられている「サイクリングパンフレット」問題について。  様々な議論で一番の問題点は「随意契約」のあり方だと明らかにされた。 随意契約自体が悪いわけではないが、今回の一連の契約に至るまでの過程はお粗末としか言いようがない。委員からの質問に対して、市側の答弁も苦しいさがにじみ出ている様子から見ても明らかだ。  私もこの件で「相見積」について質問しました。私の認識は「相見積」は同じ仕様書のもと出す見積もりと認識していましたが、今回の件ではその認識は通用しませんでした。三浦半島内ではこのパンフレットの作成ができる業者は今回作成をしたNPOしかなかったと言いつつも「相見積」市内の他者からは取ってはいる。見積もりを提出することができるなら作成もできるのではないかと思う。それを指摘したら、「作成の仕様書の中の印刷費だけ」の見積もりという事であった。私の「相見積」の認識が違っていたのか・・・・  何かあると疑義が生じやすい随意契約であるからこそ、しっかりと契約に至る理由付けが必要なのでる。今回は、「市長の後援会の方が多くいる法人」と言う様な指摘もあった。別に市長の後援会の方が多くいる法人と随意契約をしてはいけない決まりはない。  この様な疑義が生じさせないためにも今後の随意契約のあり方はしっかりと善処させなければならないと思う。

続きを読む...

保護司研修会

2014年6月6日
6月6日(金)、横須賀保護司会の研修に参加しました。 今回の研修のテーマは「精神障害を抱える対象者の処遇について」で有ります。 このテーマの研修目的は、保護観察処分になった対象者、あるいはその家族の中には精神障害を抱えている人も少なからずいる。しかし、精神障害と言ってもその種類は多く、また同じ種類とされる障害でも人によって障害による生活上の課題も様々である。  そのような中で、保護観察等においては、治療をはじめとする障害に対する専門的な対応はできませんが、最も重要なことは、その人の抱える精神障害やそれによる生きづらさを正しく理解する事、医療や福祉と適切に役割分担して、保護観察などにおいてできることを明確にすること、そして、障害を理解した上でその人に応じた対応を心がけるための研修であります。  正直、私自身この対応は難しい問題と思うしまた専門的な知見もない者が、はたして対応して良いのかと疑問を持つ。  保護司と対象者との間で大事なことは「約束を守る」である。約束を守ることで人間関係を築き、お互いに信頼しつつ、そしてその対象者の更生度を見ることが出来るからである。今回の研修で障害を抱える対象者の問題点が、「人間関係や信頼関係の構築に難しさがある」、「約束を守れない場合が多い」である。保護司と対象者の間で大事になる要素が難しいとされている点だ。研修ではまず、障害というものを理解する。このことは頭では理解しても実際の行動が出来るかというと?である。言葉の掛け方でも、「頑張れ」の言葉は気を付けて言わなければならないとしている。  研修を受けるにつれて、改めて難しさを再確認した次第だ。 しかしながら、どんな状況であろうとも、更生の手助けをするのが保護司の役割である。 犯罪のない明るい社会を創るためにも研修を重ね活動していかなければならないと思います。

続きを読む...

施設配置適正化計画

2014年6月2日
 6月2日(月)財政部から施設配置適正化計画の素案の説明を受けました。 公共施設である、学校、行政センター、図書館そして福祉施設など多くの施設が建築後30年を経過し今後施設の補強等の更新費用が多くかかることが分かっている。今回、これらの施設の更新をどのように行っていくかを計画した素案の事前説明を受けた。  2015年から2052年までの38年間を、中長期、長期、超長期の3つに区分し統廃合を含め実施していく計画になっている。  施設の統廃合で問題になるのは「総論賛成、各論反対」である。誰しもが、人口減少、改築改修費用も多くかかるならば施設の統廃合をしていこうとなるが、いざそれを実施となるとうまくいかないのが常です。 今まで身近にあった施設が無くなれば不便さを感じるのは当然です。これを説得するのは非常に大変なことですが、やらなければならない状況です。  施設をただ廃止するのではなく、近隣類似施設の若干の拡充も考えていかなければならないのではないか。 A、Bの2つの施設の片一方を無くす単純なことではなく、Bを無くすならAの施設を「A’」に若干拡充の考えもあっては良いのではないか。  今後様々な議論をしていかなければなりませんが、市域全体を考えていかなければなりません。

続きを読む...

軍港めぐり!

2014年6月1日
 6月1日(日)船越の方々と軍港めぐりに参加しました。 この軍港めぐりの企画は、実は約2年前に立案され実行する予定でしたが 予約した当日荒天の為に中止となり、やっと今回実行することができました。 初めて乗る方や2回目の方など約100人の方々と晴天のもと楽しくクルーズができ、自分たちの住んでる街を海から見ることができ満足されていました。 そのあとの近くの居酒屋さんを貸切っての懇親会も大盛り上がりで 町内会の親睦を深めることができました。

続きを読む...

まぐろ解体ショー !?

2014年6月1日
まぐろ解体ショー !?1 6月1日(日)、絶好のバーベキュー日和! 毎年恒例になっている長浦の町内会のバーベキューに参加しました。 今年はビックリ! なんと、まぐろの解体ショーが行われました。 様々な町内会イベントなどに参加していますが、まぐろの解体ショーを 行った町内会は初めてでした。 町内会の多くの方々が参加され、楽しいひと時を過ごすことができました。 とてもおいしかったです。 感謝!

続きを読む...


横須賀市議会議員 加藤 まさみち 
〒 237-0066神奈川県横須賀市湘南鷹取4-8-4
TEL 046-865-0838 FAX 046-865-0838 E-mail masamichi-katou@yokosuka-city-council.jp