横須賀市議会,市議会議員|環境整備,高齢化社会の福祉対策,教育問題の子育て環境の改善,政治の浄化|横須賀市議会議員:加藤眞道

横須賀市議会議員加藤眞道


追浜の歴史探訪発刊!

2012年9月26日
追浜の歴史探訪発刊!1 9月26日(金)、「追浜の歴史探訪」発刊記念式典が開催されました。 この書籍は、よこすか海軍カレーの生みの親ともいわれる、元市役所職員が約1年にわたって神奈川新聞に連載されていたコラムを編集し出版したものです。  古くは、縄文時代の「夏島貝塚」、明治憲法起草の地である「夏島」、海軍航空隊の発祥の地である「追浜」など等、この書籍を読むことで、私たちのまち横須賀・追浜の歴史が理解できることと思います。  是非、お読みください。

続きを読む...

土砂災害発生・京急

2012年9月25日
土砂災害発生・京急1 9月25日(火)深夜に、土砂災害が発生。崩れた土砂に京急が乗り上げてしまいました。  けがをされた方にお見舞い申し上げます。 24日の夜に雨が激しくなり、20時頃に大雨警報が発令され、23時頃には土砂災害警戒情報が出されました。そして日付が変わった深夜0時過ぎに、がけ崩れが発生し、運転手を含む数人の方が怪我をされ救急搬送され、その他の乗客は京急田浦まで徒歩での避難をされました。  時間が達つにつれ、報道陣も多くなり現場付近の道路は混乱していました。 早期の復旧を望みます。

続きを読む...

定住促進

2012年9月21日
 人口の減少を防ぐために、様々なと都市で定住促進事業を行っています。本市では例えば、「ファーストマイホーム応援制度」「スイートホーム応援制度」そして、定住応援サイト「すかりぶ」などがある。様々な都市が様々な助成制度で人を呼び込もうと必死になっています。それなりの余力があれば、助成制度を続けていくこともできますが限られた財源では、何年も継続することは難しいでしょう。個人的に「定住」の重要要素は「雇用」と「教育」だと思う。  雇用の場があれば必然的に人は集まるし、教育文化が高ければ親は引っ越しても子供をそこで学ばせたいと考えるからである。  雇用の場を作ることは容易ではないが、教育の場は方針次第なので作れると思う。小・中・高等学校で一貫して英語力を向上させる取り組みが必要である。何故、英語力というと、横須賀のイメージの中には「アメリカの基地」があげられるからで、イメージに合った教育が英語力であるからです。  ただ、英語の授業を増やすだけではなく、英語検定に何割の生徒の合格を目指すなどの目標がなければ意味がない。  今後も、特徴ある教育を確立すべく議論していきたい。

続きを読む...

敬老の日

2012年9月17日
 9月17日(祝・月)は敬老の日。この3連休は数多くのところで敬老会が開かれたことでしょう。全国で100歳以上に方が5万人を超えたとニュースになっていますが、この横須賀市内でも149人の方が100歳を超えています。  男女の比率は言うまで無く、126人対23人で圧倒的に女性が長生きです。 この敬老の日の始まりは、諸説あるそうですが兵庫県で「老人を大切に、知恵を借りてまちづくりをしよう」が始まりだそうです。  いつの時代でも、人生の先輩でありまた経験豊かな方々の知恵を借りなければ良いまちづくりはできないということです。  私も、人生の先輩の知恵を借りて住みやすいまちづくりを目指します。  

続きを読む...

サッカーチーム清掃活動

2012年9月15日
サッカーチーム清掃活動1 9月15日(土)、恒例になっている北郷地区のサッカーチーム(5チーム)と追浜駅周辺の清掃活動を実施しました。  時折、大粒の雨に打たれながらも子供たちと一緒に掃除をしました。我先にとごみを集めている子供たちに感謝します。  こういう姿を見れば、たばこの「ポイ捨て」はもとより、空き缶や紙くずなど捨てないと思います。  協力してくれた「たかとりキッカーズ」「FC追浜」「FC夏島」「船越FC」「FC762長浦」各チームに感謝。

続きを読む...

献血奉仕活動

2012年9月15日
 9月15日(土)、追浜駅前で献血奉仕活動を実施しました。 今回は、ここ最近では協力していただいた方が多く70人を超えました。 本当に感謝です。  知っての通り、血液は人工で作ることができません。一人ひとりの協力で 多くの命が救われます。協力を願い声掛けをしていると、やったことがないという20代のカップルの方が興味津々で協力してくれました。  今後も多くの方の協力をお願いいたします。

続きを読む...

市民アンケート

2012年9月10日
 9月7日(金)、総務常任委員会で「市民アンケート」についての報告がなされました。かねてから、言うようにアンケートの取り方は非常に難しいことは理解しています。聞き方によっては、答えを誘導できる点などがある一方、それなりの選択肢を掲示しなしと、結果がアンケートとして成り立たない点もおこることであります。  今回のアンケートは「横須賀市の魅力について」ですが、このアンケートこそ選択肢を与えないで、フリーハンドで答えてもらうべきと思います。選択肢からの答えだと、この中でいえば00である。になり、本人が思っている魅力とは違う答えになるからであります。  ちなみに、前回のアンケートでは76%の方が「海や緑などの自然環境に恵まれている」と答えています。それが違うとは言いませんが、いささか疑問です。 選択肢の中には「仕事や収入の機会に恵まれている」・「市民のマナーが良く、快適な生活ができる」・「教育や文化の水準が高い」などであります。  やはり、フリーハンドで横須賀の魅力を聞くアンケートを実施し市民が思っているイメージを把握すべきだ。

続きを読む...

はるかのひまわりプロジェクト&昔遊び

2012年9月9日
はるかのひまわりプロジェクト&昔遊び1 9月9日(日)長浦小学校でおやじの会、PTA,学校職員の方々の協力のもと、 はるかのひまわりプロジェクト&昔遊びを実施しました。 「はるかのひまわり」プロジェクトは阪神淡路大震災で亡くなった「はるか」ちゃんの自宅からヒマワリが咲いた事をきっかけに、命の尊さを理解すべく、始まったプロジェクトです。 (詳しくは http://www.season.co.jp/haruka_sunflowerFB.htm) 多くの子供たちと一緒にヒマワリの種の採取を行いました。 また、恒例となった「昔遊び」も行いました。ベーゴマ、ビー玉、お手玉、羽根つき・・などなど、今では見かけなくなった遊びを大人も混じって楽しく過ごしました。

続きを読む...

市長・副市長給与減額

2012年9月7日
 9月7日(金)、総務常任委員会で市長から出されている「常勤特別職員給与臨時特例条例」(減額条例)について、審議しました。  これは、横須賀市ウォータービジネス株式会社設立断念に起因する市長・副市長の責任の取り方であります。内容は市長は1か月、副市長は半月分の減額であり、この処分は、行政的には非常に重い処分であります。しかし、この責任の取り方は疑問があります。市長・副市長だから1か月、半月減額ができるのであって一般職員には到底真似ができなことは理解できると思います。ひと月の生活では、光熱水費、食費などの生活費がかかり、無給は社会的にそぐわないと思います。自ら重い処分を科すことは、評価しますが、他の職員のその後の影響を考えると賛成はできかねます。  他の委員も様々な問題点から、この減額条例には全員が反対で結果、委員会として修正を提案しそれを了承しました。

続きを読む...

関東学院燦葉会!

2012年9月2日
関東学院燦葉会!1 9月2日(日)、母校である関東学院燦葉会(OB会)に出席しました。 今年の講演会の講師は、卒業生である小泉進次郎代議士にやっていただきました。毎回、この総会の出席者は女性は殆どいませんが今年は数名おられました。 わが母校も創立125年を一昨年前に迎え、卒業生も10万人を超えました。 母校のつながりをもっと大切にしていきたいと思います。 *写真は、出席者全員で校歌を歌っているところです。

続きを読む...

砕氷艦しらせ

2012年9月1日
砕氷艦しらせ1 9月1日(土)、砕氷艦「しらせ」の艦上レセプションに参加しました。 現在の「しらせ」は2代目になり初代「しらせ」は昭和58年に就役し平成20年7月除籍になっており、現在の「しらせ」は平成21年5月から就役しております。  みなさんご存知かわかりませんが、「しらせ」は海上自衛隊が運行管理をしており、南極観測には海上自衛隊が活躍しております。  今月から整備・訓練を兼ね日本1周し、11月に南極に向かうそうです。

続きを読む...


横須賀市議会議員 加藤 まさみち 
〒 237-0066神奈川県横須賀市湘南鷹取4-8-4
TEL 046-865-0838 FAX 046-865-0838 E-mail masamichi-katou@yokosuka-city-council.jp