横須賀市議会,市議会議員|環境整備,高齢化社会の福祉対策,教育問題の子育て環境の改善,政治の浄化|横須賀市議会議員:加藤眞道

横須賀市議会議員加藤眞道


地球シミュレータ!

2010年8月19日
地球シミュレータ!1 8月19日(木)海洋研究開発機構の横浜研究所で「地球シミュレータ」を同僚の田辺昭人議員と視察しました。「海洋研究開発機構」は横須賀に本部がある世界最高峰の海洋研究の施設です。今回、その機構が管理運営しているスーパーコンピューターシステムを含めた施設を視察しました。  海洋機構は海に囲まれた我が国における海洋科学技術の総合的な研究機関として、海洋に関する基盤的研究と技術開発を通じて、海洋を中心とした地球システムの解明に挑むとともに、その成果を地球環境の保全、防災、資源確保など、人類生存にとって不可欠な海洋が深くかかわる諸問題の解決に活用できるよう積極的に貢献いています。多くの方が知っている潜水調査船「しんかい6500」や地球深部探査船「ちきゅう」などを活用し調査研究を日々行っています。また、何かと話題になったスーパーコンピューター「地球シミュレータ」を一般利用を募集しつつ管理運営しています。  今は「はやぶさ」人気で話題は宇宙に行っていますが、我々の身近な「海」をあらゆる角度で調査研究している海洋研究開発機構の施設を是非多くの方が見学し理解を深めていただきたいものです。  横須賀本部・横浜研究所共に一般公開をしていますのでご利用ください。 詳しくは  http://www.jamstec.go.jp/j/pr/visit/index.html  まで。 *写真は宇宙から見た地球の姿を体験できる世界最大級直径3mの半球スクリーン。   

続きを読む...

第三海堡移設!

2010年8月7日
第三海堡移設!1 8月7日(土)現在浦郷町の民間施設内に展示している第三海堡の構造物の移設工事が行われました。  第三海堡は、明治時代帝都「東京」を護る為、東京湾口部の海中に造られた砲台です。水深約39メートルもあり、潮流も厳しい湾内に人工島の工事は当時世界的にみても無かったそうです。このような貴重な遺産も波浪により崩壊が進み、半ば暗礁化してしまい、浦賀水道航路のこの付近では海難事故が多発するようになってしまいました。そのため、構造物の撤去作業が平成12年から始まり、構造物の一部が浦郷の民間施設内に移設展示していました。今回この構造物を民間施設内から夏島都市緑地に移設し、周辺の貝山緑地、貝山地下壕、夏島貝塚などの歴史遺産と連携をはかり活用する計画です。  写真のクレーン船は、3,000トンを吊り上げる能力があるそうです。

続きを読む...

安否確認

2010年8月5日
 連日ニュースに取り上げられている100歳以上の高齢者の所在不明問題。これは特定の地域の問題ではなく全国的な問題であろう。横須賀市においてはこの問題を受け、住民登録のある最高年齢(106歳)の3名の方の安否か確認を行いました。3名のうち1名は家族と同居、2名は施設に入所中という事で安否確認が取れています。行政として100歳以上の安否確認はシステム的は行っていませんが、横須賀市は99歳のお祝いとして、職員が訪問しておりその場で安否確認(昨年は93名が該当)は出来ていますがそれ以降は行っておらず、現在システム創りを行っている最中です。  介護保険等の使用実績を確認し何カ月も使用実績のない方については、安否確認の必要はあるでしょう。 *100歳以上の市民は4月1日現在117名が登録されています。

続きを読む...


横須賀市議会議員 加藤 まさみち 
〒 237-0066神奈川県横須賀市湘南鷹取4-8-4
TEL 046-865-0838 FAX 046-865-0838 E-mail masamichi-katou@yokosuka-city-council.jp