横須賀市議会,市議会議員|環境整備,高齢化社会の福祉対策,教育問題の子育て環境の改善,政治の浄化|横須賀市議会議員:加藤眞道

横須賀市議会議員加藤眞道


第4回定例会終了しました。

2009年12月15日
 12月14日(月)平成21年第4回定例会が終了しました。今回の定例会で不在であった2副市長が決定し、これにより横須賀市政・吉田市政の布陣が整いました。来年からは22年度予算の組み立てなどがあり、初めて予算を組む吉田市長にとっては一応心強いのではないか。沼田新副市長は予算の要である財政部長を経験し、他にも市長のサポート役である秘書課長、役所全体を把握する総務部長等を歴任された方です。廣川新副市長は横須賀市政の方向性を決める情報政策室長、情報政策課長そして企画調整部長を歴任された方で両副市長とも今後、若い市長のサポート役には良いと思います。  今回副市長人事案件の議案の採決は、記名投票で採決が行われました。私は議員になって初めての事です。通常採決は賛成の場合その場での起立で意思表示をしていましたが、今回の人事案件だけは「ニューウィング横須賀」の提案で記名投票となり、賛成は「白札」反対は「緑札」を投票箱に投票する方式になりました。投票総数41に対し結果は沼田氏は賛成40、反対1。廣川氏は賛成36、反対5になりました。又、他の議案で2議案が賛成少数で否決になりました。1つは横須賀市立看護専門学校の入学検定料と授業料の値上げに関するものです。  検定料を現行8,000円から9,600円。授業料を月12,500円から14,300円に改定するものですが、現在市立病院の移管で看護師などの人員不足が騒がれている中で値上げは理由を生きても納得はいくものではない(値上げ幅の多少の問題ではない)。看護師不足を補うために「いのちの基金」創設をうたっている市長の考えにも当てはまらないのではないか。もう1つは副市長車2台のリース解約に伴う賠償金の問題ですが、これから2副市長が誕生し活躍を期待している中で解約は疑問に思う。副市長専用車を2台を解約し共有車で対応するとしているが、今使っている共有車の稼働率を見ればさほど余裕がない事は解ります。市全体の機動力を考えれば「今ある車」を途中解約する理由はないのではないか。  新聞の論調は市長と議会が「対立」していると書いていますが、市長と議会が対立する事があってもそれは当然です。議会は市長の方針に対し良ければ進んで賛成し一緒に行動し、方針が悪ければ良い方向に「修正」して市政を運営するのが当然です。議会が市長案に反対したからと言って決して足を引っ張るような考えは全議員ないでしょう。議会は今活性化しています。今まで以上に議論に議論を重ね良いものを導き出そうとしています。二元代表制の一翼を担う議会としてしっかりと責任感を持って取り組まなければならない。

続きを読む...

教育経済常任委員会終了

2009年12月9日
 12月8日(火)教育経済常任委員会に付託されている5議案の審議が終了しました。今回の議案の主なものは、市の施設を市に代わって管理運営する「指定管理者」についてであります。総合体育会館(横須賀アリーナ)をはじめ、4施設の指定管理について、公募のやり方選考委員会の委員選任、評価項目など公正、公平性に欠けている事はないか等議論を交わし、全会一致で5議案すべて賛成となりました。その後所管する事項について議論がなされ、その中での質疑で全国的に増えている「児童の暴力行為」の状況について質問がありました。  平成20年度横須賀市内の児童の暴力行為は発生件数328件        総数  対教師暴力  生徒間暴力 器物破損  小学校・・・・064件・・・・02件・・・・040件・・・・019件  中学校・・・・263件・・・・25件・・・・114件・・・・114件   総合高校・・002件・・・・01件・・・・001件・・・・000件 等です。暴力行為に至っては小学生は19年度に比べ2倍、中学生では約60件増えています。このような主な原因は、人間関係いわゆるコミュニケーション不足が多く、言葉では解決できなく「手」が出てしまい暴力行為に至っています。このような状況で教育委員会としては相談員の配置等で対応したり、学校と警察と連携システムを構築し児童を守る為に活動しています。  ここで思うのは中学生の対教師暴力25件、内12件は教師が病院で治療を受けている事です。状況はどうあれ教師に対して暴力をふるうという行為は大きな問題として受け止め学校と生徒の保護者も含めて対応をして欲しい。

続きを読む...

第10回全国車椅子マラソン大会開催!

2009年12月6日
第10回全国車椅子マラソン大会開催!1 12月6日(日)第10回全国車椅子マラソンin横須賀・日産カップ追浜チャンピオンシップが開催されました。追浜地区の恒例行事の1つであるこのマラソンは全国規模の大会で、選手もパラリンピックで活躍している選手をはじめ全国各地から参加しています。マラソン大会だけでなく「体験交流会」も実施し横須賀の小学生を中心に「車いすで生活するということ」を伝えたり、車いすの操作の難しさ等を体験してもらうなどしています。実際のレースは迫力があり時速40キロを超えるスピードで公道を走っています。ハーフコース1周約7キロを3周する競技ではデットヒートが繰り返され、優勝タイムは44分36秒で1位~4位の差は僅か1秒差でした。  この大会は地元体育振興会、高校、町内会など多くのボランティアで支えられています。ご協力を感謝いたします。 *追浜駅前には今まで車椅子用のトイレがありませんでしたが今年は京急追浜駅構内に設置されたため助かりました。このようなイベントを開くに当たってはトイレの事も検討しなければなりません。 (ちなみにレンタカーで車椅子用のトイレ付トラックがあるそうです)

続きを読む...

第4回定例会開会

2009年12月3日
 12月3日(木)21年第4回定例会が開会いました。今回の会議は12日間の会期で議案は30議案です。議案審議の前に一般質問(今回は10人)が行われますが、内容の詳細については議事録などをご参照ください。前回に引き続いて質問の中に市長が掲げたマニフェストの進捗状況等が取り上げられています。マニフェストを掲げた当選した市長ですからそれは当然の事ですが、私個人的に思っている事はマニフェストの修正はあって当然だという事です。市民にとって良い事と思いマニフェストに掲げても、実際行政の中に入ってその事業を検証してみると達成が困難な事も多数あるのは当然だからです。マニフェストに掲げたからといってそれに固執して、結果それが市民にとってマイナスになってしまっては本も子もないのです。重要なのは結果です。結果を良くするために途中の修正は勿論、取り下げるのもやむを得ないと思います。修正等で批判を受けることもあると思いますが、市民にとって良い方向に進むのならばそれは批判に当たらないと私は思います。(何でもかんでもいい事を言って後で修正は困りますが)修正を周りから指摘される前にご自身で修正を言えば良いのではないか。  42万人市民全体を見据えて、市長の方針、考えに対し是々非々の立場で臨むのが議会であります。

続きを読む...


横須賀市議会議員 加藤 まさみち 
〒 237-0066神奈川県横須賀市湘南鷹取4-8-4
TEL 046-865-0838 FAX 046-865-0838 E-mail masamichi-katou@yokosuka-city-council.jp