横須賀市議会,市議会議員|環境整備,高齢化社会の福祉対策,教育問題の子育て環境の改善,政治の浄化|横須賀市議会議員:加藤眞道

横須賀市議会議員加藤眞道


ゴミ屋敷行政代執行!

2018年8月28日
ゴミ屋敷行政代執行!1

828日(火)、いわゆる「ごみ屋敷」に対して行政代執行を行いました。「ごみ屋敷」に対する代執行は神奈川県内で初めての事です。

 今回の案件に関して少し説明をしますと、3~4年前に当該者の自宅内にごみがたまり始めていると近隣住民から話が上がっていました。当時は屋内であったため状況はガラス越しでの視認でしかなく、どのくらいの量が堆積しているかの確認はできませんでした。日を増すごとにその量は増え、室内からベランダ、庭そして一部敷地外(私道)にまで堆積するようになりました。報道にも出てきましたが、その量は玄関や駐車している自分の車まで覆い隠すぐらいの量に増え続け、生ごみも混入していることから悪臭はもちろん、ネズミやハエなどの害虫も多数発生している事態になりました。

 当時、行政としてこの状態を解決する手立ては当該者に対し適切な処理を「お願い」するしかなく、解決策はありませんでした。とは言え、近隣住民の願いは良好な生活環境であり、それを実現するには新しい「条例」を制定するしかなく、議員提案で制定に至りました。

 「ゴミ屋敷対策検討協議会」を立ち上げ、協議会メンバーと議論に議論を重ね、行政との意見交換、そして有識者として関東学院大学法学部の教授からの助言をいただきながら進めていきました。協議会の中で一貫していたことは「この条例は福祉を主」としたものにする、でした。ごみを片付けるが主であると、根本的な解決にはならず再発が考えられるからだ。条例の(目的)が「不良な生活環境の解消及び発生の防止および再発防止」としているのは、この考えがあるからです。また、協議会の中で今回のような「代執行」を入れるか入れないかでは議論が白熱しましたが、近隣住民の生活環境を守ることを考えれば「代執行」を明記することは止む無しとなり、この条例は全議員が賛同して制定されることになりました。

 本年4月1日に施行され8月28日に代執行となり、少し早いのではとの意見がありましたが、条例が施行する以前から行政は何十回と当該者と接触し「お願い」をし続け、近隣住民の共有部分の堆積物を何回も何回も回収しており、「早い」ということには至らないと思います。代執行当日の反響はものすごく、私自身も現場に立ち会っていましたが、在京テレビ局全てのカメラが集まり、当日の朝、昼、夜、そして翌朝のニュースで報道され、横須賀のごみ屋敷は全国に発信されました。

 この「ごみ屋敷」問題は代執行で解決にはなりません。これからが根気のいるところで、「福祉的対策」、当該者のケアが必要になります。




ドクターヘリ飛来!

2018年3月15日

313日(火)午後、突如ドクターヘリが飛来しました。

当時は、委員長として担当している教育福祉常任委員会を開会中でした。

会議中に事務方からメモが入り、その内容を確認すると、市役所に隣接している常葉中学校校庭にドクターヘリが着陸するとの事。注意書きとして児童生徒・学校関係者に関係していない旨が記載されていました。メモが入って間もなく、ドクターヘリが飛来。エンジン音で議事進行に支障があると感じたため、一旦議事を中断しましたが、その後問題ないと判断し再開しました。

 テレビではドクターヘリを見たことは有りますが、実際ヘリが飛来し着陸するのは初めての経験です。当然、横須賀市がドクターヘリを運用しているわけではなく、神奈川県が事業主体となり東海大学病院が運用・実施しています。

 簡単に今回の件を基にドクターヘリについて述べますと、

・救急搬送で横須賀共済病院に搬送し応急処置をしたが、それ以上の処置ができないため、病院間でのやり取りで横浜市大病院(浦舟)に転送が最良と判断。

・同時に移送手段として、ドクターヘリでの搬送要請が共済病院から消防局に寄せられた。

・消防局は、運用主体である東海大学病院(伊勢原市)に要請、受理。

・消防局はランデブー地として常葉中学校を選択し、直ぐに調整。

・校庭に消防車を配置(散水)、同時に周辺地域住民に対し、ヘリが飛来することを広報。

・ヘリの要請から飛来まで僅か、10数分。

・無事に搬送完了。

今回の件で、消防局はよく訓練されていると感じました。ドクターヘリ要請から飛来するまで僅か10数分。この時間内にランデブーポイントの決定、調整、受け入れ準備そして周辺に広報等を実施しなければなりません。活躍の機会が増えることは良くありませんが、いざというときに日々の訓練に励んでいただきたいです。

*ちなみに、翌日もドクターヘリが横須賀に飛来しました。




ごみ屋敷対策条例制定

2017年11月30日
約1年にわたって取り組んできた「ごみ屋敷対策条例」制定ですが、今般、議員全員の賛同をいただき可決成立しました。 施行は来年4月1日からになります。以下は議場にて提案した内容を記載します、 いわゆる「ごみ屋敷」問題は、現行の法令では対策が難しく、解決には長時間要することが多々あり、問題が長引けば長引くほど近隣住民の生活環境は損なわれていきます。 「ごみ屋敷」が発生する原因はさまざまですが、認知症や生活意欲の喪失など心の問題が原因となっている場合があります。ごみを処分し状態を解消させることも大切ですが、根本的な解決を目指すためにも、片付けるだけではなく、市と関係機関と地域住民とが連携して、一歩前に進んで手を差し出し、本人に寄り添った福祉的な支援を行っていくことを主眼に置くことが大切だと考えます。 この条例は、本市においても発生件数が増加傾向にあります、「ごみ屋敷」問題の生活上の諸課題解消による根本的な解決と再発防止を図るためのものであります。 条例作成に当たっては、今年度新たに立ち上げた横須賀市議会政策検討会議として位置づけられた、ごみ屋敷対策検討協議会において、県内初の取り組みとなる関東学院大学とのパートナーシップ協定のもと、大学の教授そして学生の協力をいただきながら作成したものです。 条例案提出に当たり、議員の皆様におかれましては、本議案にご賛同賜りますようお願い申し上げます。また約1年間にわたり協議会運営にご協力いただきました委員の皆様に感謝を申し上げ、提案説明を終わらせていただきます。

続きを読む...

ごみ屋敷対策検討協議会

2017年8月8日
8月8日(火)「ごみ屋敷対策検討協議会」を開催し、議員提案で条例制定を行うべく協議を重ねている状況です。今回の協議で大まかにできた素案を協議会のメンバーで再度見直しを行い、今月中には素案の前の素案が出せるようになりました。ごみ屋敷周辺に住んでいる住民からは1日でも早く条例を制定し対応してほしいとの要望が来ていますが、慌てず急いで正確に条例制定を行いたいと思っています。  そのような中、今回の協議会には議会と関東学院大学とパートナーシップ協定を結んでいることから、インターンシップの学生のも参加しでもらいました。参加した学生は真剣に委員同士の議論を聞いていますが、どれだけ理解しているかは分かりません。協議会終了後、せっかく参加したので学生の発言の場を与えるために、感想などを聞きました。「こんなに真剣に議論しているとは思っていなかった」「議論している姿がカッコイイと思った」との発言に学生が現在の議員に対する印象が込められていると思いました。学生に対し私たち横須賀市議会はいつも真剣に議論していますと返答し本日の協議会は終了しました。

続きを読む...

おっぱま・こどもサイエンス開催!

2017年8月3日
おっぱま・こどもサイエンス開催!1サイエンススクール開校❗️ 横須賀の特徴である『海』と地域資源である『JAMSTEC』を活用した夏休み恒例のサイエンススクールが開校しました。 ぼくらのまちの研究所~追浜から最先端海洋科学を世界に発信!!~と題し、今年も多くの応募の中から25名の子ども達が参加しました。参加した子ども達はカメラ片手に様々な施設を見学しました。子どもが海洋に興味を持ち将来の夢を描く事が出来たら素晴らしいと思います。 これも『海洋都市』を目指す事業の一つです。 *写真は深海調査船かいれいの操舵室です。

続きを読む...


横須賀市議会議員 加藤 まさみち 
〒 237-0066神奈川県横須賀市湘南鷹取4-8-4
TEL 046-865-0838 FAX 046-865-0838 E-mail masamichi-katou@yokosuka-city-council.jp